治療・診断の留意点

非典型溶血性尿毒症症候群(aHUS)の再発が疑われる場合には精査を行います。また、遺伝子診断を行った場合には、知識を持った者がその結果を十分に説明します1

遺伝子診断の結果は慎重に扱い、治療では再発に留意します

大きい画像で見る

aHUSは再発の可能性があるので、再発が疑われるときには血算、生化学、検尿などを実施し、精査を行います。
また、遺伝子診断を行った場合には、知識を持った者がその結果について本人、家族に十分に説明することが望ましいです1

  • 1. 難病情報センター http://www.nanbyou.or.jp/entry/3847
このウェブサイトでは、アレクシオン ファーマが販売する医療用医薬品を適正に使用していただくため、医師、薬剤師、看護師などの医療関係の方を対象に、弊社医療用医薬品に関する情報を提供しています。

一般の方々への情報提供を目的としていないことをご了解ください。

製品の詳細等につきましては弊社メディカルカスタマーケア担当者(医薬情報担当者)を通じて情報提供させていただきます。

あなたは医療関係者ですか?
いいえ
はい
いいえ
はい