aHUSの発生状況

日本では2015年時点で、100例前後が非典型溶血性尿毒症症候群(aHUS)と診断されています1

aHUSは希少疾患であるため、発症頻度等は未解明です

大きい画像で見る

ヨーロッパでのaHUS発症頻度は、成人では毎年100万人に2~3人、小児では100万人に7人程度と報告されています。また、英国での国民保健サービス(NHS)では、毎年100万人に0.42人aHUSを発症すると報告されています2
近年、日本でもさまざまな遺伝子異常によるaHUSが報告されていますが、全国規模での発症数、原因遺伝子頻度、予後に関しては不明です。なお、日本では2015年時点で、100例前後がaHUSと診断されています1

  • 1. 難病情報センター http://www.nanbyou.or.jp/entry/3847
  • 2. Sheerin NS, Kavanagh D, Goodship TH, et al. QJM. 2015 (in press).
このウェブサイトでは、アレクシオン ファーマが販売する医療用医薬品を適正に使用していただくため、医師、薬剤師、看護師などの医療関係の方を対象に、弊社医療用医薬品に関する情報を提供しています。

一般の方々への情報提供を目的としていないことをご了解ください。

製品の詳細等につきましては弊社メディカルカスタマーケア担当者(医薬情報担当者)を通じて情報提供させていただきます。

あなたは医療関係者ですか?
いいえ
はい
いいえ
はい