aHUSの予後

非典型溶血性尿毒症症候群(aHUS)発症に関わる遺伝子異常ごとに、血漿交換への反応性、腎移植後の予後が異なります

海外では、原因遺伝子別の治療成績が報告されています

大きい画像で見る

海外では、血漿交換への反応性、腎移植後の予後など、原因遺伝子別の治療成績が報告されています。しかし、日本では蓄積された症例報告がなく、日本人の予後は不明です。
また、エクリズマブ治療により予後の改善が報告されていますが、遺伝子別の治療成績は明らかになっていません1aHUSに関する遺伝子学の進歩>。

  • 1. 難病情報センターhttp://www.nanbyou.or.jp/entry/3847
  • 参考文献:
    Fan X, et al. Mol Immunol. 2013;54:238-246.
    Miyata T, et al. Thromb Haemost. 2015;114.[Epub ahead of print]
このウェブサイトでは、アレクシオン ファーマが販売する医療用医薬品を適正に使用していただくため、医師、薬剤師、看護師などの医療関係の方を対象に、弊社医療用医薬品に関する情報を提供しています。

一般の方々への情報提供を目的としていないことをご了解ください。

製品の詳細等につきましては弊社メディカルカスタマーケア担当者(医薬情報担当者)を通じて情報提供させていただきます。

あなたは医療関係者ですか?
いいえ
はい
いいえ
はい