診断基準―他のTMAとの鑑別

指定難病としての非典型溶血性尿毒症症候群(aHUS)を診断するためには、典型溶血性尿毒症症候群(HUS)、血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)、二次性血栓性微小血管症(二次性TMA)との鑑別が重要です1

HUSの診断には便の検査を、TTPの診断にはADAMTS13の酵素活性測定を行います

大きい画像で見る

指定難病としてのaHUSを診断するためには、TMAのうち、HUS、TTPに加えて、代謝異常症、感染症、薬剤性、自己免疫性疾患、HELLP症候群、移植後などで起こる二次性TMAを除外する必要があります<aHUSの定義>。
HUSの除外診断のためには、便培養検査、志賀毒素直接検出法などで便の検査を行います。
HUSであれば、治療の基本は支持療法です。
また、TTPの除外診断のためには、ADAMTS13の酵素活性を測定します。ADAMTS13の酵素活性が10%未満の場合には、TTPを強く疑い、血漿交換/血漿輸注による治療を行います。
さらに二次性TMAを来す疾患がないかどうかを除外する必要もあり、二次性TMAと認められた場合には原疾患の治療が重要です1鑑別診断>。

  • 1. 南学正臣, 藤村吉博, 香美祥二, 他. 第58回日本腎臓学会.(名古屋, 2015年6月5日~7日)
このウェブサイトでは、アレクシオン ファーマが販売する医療用医薬品を適正に使用していただくため、医師、薬剤師、看護師などの医療関係の方を対象に、弊社医療用医薬品に関する情報を提供しています。

一般の方々への情報提供を目的としていないことをご了解ください。

製品の詳細等につきましては弊社メディカルカスタマーケア担当者(医薬情報担当者)を通じて情報提供させていただきます。

あなたは医療関係者ですか?
いいえ
はい
いいえ
はい