疫学

非典型溶血性尿毒症症候群(aHUS)では、新規原因遺伝子が次々と発見されています。日本ではaHUSの疫学調査が現在進行中です1

aHUSに関する研究や、疫学調査が進行しています

大きい画像で見る

aHUSは、近年、研究が急速に進歩している疾患の一つであり、2013年にはDGKE、2014年にはプラスミノーゲンと、新規原因遺伝子が次々と発見されています1aHUSに関連する遺伝子異常><長期予後を推測できる可能性>。
また、2015年度現在、日本では、厚生労働省の難治性疾患克服研究事業として、「非典型溶血性尿毒症症候群(aHUS)の全国調査研究班」による、aHUSの疫学調査が行われており、現在も進行中です。一般社団法人 日本腎臓学会では、同学会のウェブサイト上で、aHUSの臨床登録を呼びかけています2

  • 1. 難病情報センター http://www.nanbyou.or.jp/entry/3847
  • 2. 日本腎臓学会 http://www.jsn.or.jp/topics/notice/_2848.php
このウェブサイトでは、アレクシオン ファーマが販売する医療用医薬品を適正に使用していただくため、医師、薬剤師、看護師などの医療関係の方を対象に、弊社医療用医薬品に関する情報を提供しています。

一般の方々への情報提供を目的としていないことをご了解ください。

製品の詳細等につきましては弊社メディカルカスタマーケア担当者(医薬情報担当者)を通じて情報提供させていただきます。

あなたは医療関係者ですか?
いいえ
はい
いいえ
はい