aHUSの予後は?

aHUSの遺伝子別頻度と予後1)

海外からの報告では、表の様に原因遺伝子別に血漿交換への反応性、腎移植後の予後が報告されているが、日本では蓄積された症例報告がなく、日本人の予後は不明である。またエクリズマブ治療により予後の改善が報告されているが2)、遺伝子別の治療成績は不明である。

aHUSの遺伝子別の頻度と予後3,4)

異常因子 変異の影響 頻度
欧米(本邦)
血漿交換の
短期的効果
血漿交換の
長期的効果
腎移植後の
腎予後
CFH 血管内皮に結合できないことによる補体制御機能低下 20~30%(7%) 寛解率60% 死亡または腎不全70~80% 再発率80~90%
Anti-CFH Ab 抗H因子抗体の出現 6%(13%) 寛解率70% 腎不全30~40% 再発率20%
CD46、MCP 血管内皮表面の発現低下、補体制御機能低下 10~15%(5%) 一般的に軽症 死亡または腎不全20%以下 再発率15~20%
CFI Co-factor機能低下 4~10%(0%) 寛解率30~40% 死亡または腎不全60~70% 再発率70~80%
CFB C3 convertase安定化 1~2%(2%) 寛解率30% 死亡または腎不全70% 再発の報告あり
C3 C3b不活化低下 5~10%(42%) 寛解率40~50% 死亡または腎不全60% 再発率40~50%
THBD C3b不活化低下 5%(7%) 寛解率60% 死亡または腎不全60% 再発の報告あり
DGKE DAGシグナルによる血栓形成 不明、2013年に13例の報告(1例) 不明 20歳までの腎不全が多い 再発のリスクは低い
PLG 血栓形成 5?%(報告なし) 不明 不明 不明

凡例:CFH: complement factor H; MCP: membrane cofactor protein; CFI: complement factor I; CFB: complement factor B;
THBD: thrombomodulin; DGKE: diacylglycerol kinase ε; PLG: plasminogen

1) 非典型溶血性尿毒症症候群(aHUS)診療ガイド2015. 日腎会誌, 2016;58(2):62-75.
2) Legendre CM, et al. N Engl J Med, 2013;368(23):2169-2181.
3) Noris M, Remuzzi G. N Engl J Med, 2009;361(17):1676-1687.
4) Yoshida Y, et al. PLoS One, 2015; 10(5):e0124655.

小児および成人aHUS患者の遺伝的特徴と転帰[海外データ]

本試験では、TMA症状の初発時にESRD(End stage renal disease:末期腎不全)または死亡に至らず、ESRDがみられなかった成人aHUS患者さんの47% で追跡期間中(中央値57ヵ月)にESRDへの進行または死亡がみられました

フランス人の成人(16 歳以上)aHUS患者125 例および小児aHUS患者89 例の後ろ向き解析。補体制御因子の遺伝子変異が疾患の発症、症状および転帰に及ぼす影響を評価した。aHUSの初回診断時には成人患者の81%、小児患者の59% において腎障害が認められた(P < 0.001、Χ2 検定)。

* 診断後1ヵ月以内。
† 最終フォローアップ時に新たにESRD または死亡が確認された患者:追跡期間の中央値は57ヵ月(範囲:1 ~ 353ヵ月)

小児aHUS患者さんでは、TMA症状の初発後1ヵ月以内に17%(15/89 例)でESRDへの進行または死亡がみられ、5年以内に36%(32/89 例)でESRDへの進行または死亡がみられました[海外データ]

70% 以上の成人aHUS患者さんはESRDや死亡のリスクを有するという報告があります§[海外データ]

追跡期間の中央値は45ヵ月(範囲:1~493ヵ月)。
§ 最終フォローアップ時、成人の患者さんの71%(89/125 例)がESRD または死亡に至りました。

Fremeaux-Bacchi V, et al. Clin J Am Soc Nephrol, 2013;8(4):554-562.

試験概要[海外データ]

【目  的】
補体制御因子の遺伝子変異がaHUS発症年齢、臨床的表現型および転帰に及ぼす影響を小児と成人で比較検討する。
【対  象】
機械的溶血性貧血[ヘモグロビン<10g/dL、乳酸脱水素酵素>正常値の上限(ULN)、血液塗抹標本で破砕赤血球がみられる]、血小板減少(血小板数<150×109/L)、および腎不全(血清クレアチニン値>年齢のULNかつ/または蛋白尿>0.5 g/ 日、もしくはネフローゼ症候群)が併存し、かつ/または腎生検での血栓性微小血管症病変(毛細血管および/または細動脈血栓症、基底膜の二層化)が認められるフランスの小児(16歳未満)および成人非典型溶血性尿毒症症候群(aHUS)患者214 例。
【患者背景】
aHUS の発症時期は、小児期が89例(42%)、成人期が125例(58%)であった。平均発症年齢は、小児では1.5歳(0~15歳未満)、成人では31歳(15~85歳)であった。女性と男性の比率は、小児で0.9:1、成人で3:1であった(P<0.001)。aHUSの主な誘因は、小児では胃腸炎または下痢、成人では妊娠であった。神経症状が認められた患者の割合は、小児で16%、成人で8% であった。aHUSの初発時に透析を必要とした患者の割合は、小児で59%、成人で81%であった(P<0.001)。
【方  法】
補体制御因子であるH因子、I因子、MCP、C3、B因子およびTHBD遺伝子の配列を解析し、変異を特定した。療録レビューにより発症年齢、性別、誘因、発症時の症状、疾患の転帰(再発の有無、再発時期)、末期腎不全への移行を確認した日、死亡日、死因等のデータを収集した。
【解析計画】
χ2 検定を用いて各変数の分布の群間比較を行った。全aHUS患者(小児および成人)を対象として、H因子、MCPおよびCFHR1の一塩基多型およびハプロタイプとaHUSとの関連解析を実施し、対照と比較した。Pearsonのχ2 検定によりP値およびオッズ比を算出した。
PAGE TOP

このウェブサイトでは、アレクシオン ファーマが販売する医療用医薬品を適正に使用していただくため、医師、薬剤師、看護師などの医療関係の方を対象に、弊社医療用医薬品に関する情報を提供しています。

一般の方々への情報提供を目的としていないことをご了解ください。

製品の詳細等につきましては弊社メディカルカスタマーケア担当者(医薬情報担当者)を通じて情報提供させていただきます。

あなたは医療関係者ですか?