患者さんとそのご家族の方向けサイトです

監修: 名古屋大学大学院医学系研究科 病態内科学講座 腎臓内科学 教授 丸山 彰一 先生
    名古屋大学大学院医学系研究科 病態内科学講座 腎臓内科学 病院講師 加藤 規利 先生
  1. TOP
  2. aHUSの治療について
  3. 治療はどのくらい続けるの?

治療はどのくらい続けるの?

急な体調不良に備え、定期的な通院を続けていくことが大切です

非典型溶血性尿毒症症候群(aHUS)は慢性的で、しかも進行していくため、症状は時間の経過とともに変わっていくことがあります。

そして、いま症状がなくても、風邪やインフルエンザなどをきっかけに血栓性微小血管症(TMA)がふたたび現れ、さまざまな症状が引き起こされることで急に体調が悪くなったり、重い合併症を発症する場合があります。

そのため、早くから適切な治療を積極的に始めるとともに、定期的な通院のもとできちんと治療を続けていくことがとても大事です。