患者さんとそのご家族の方向けサイトです

監修: 名古屋大学大学院医学系研究科 病態内科学講座 腎臓内科学 教授 丸山 彰一 先生
    名古屋大学大学院医学系研究科 病態内科学講座 腎臓内科学 病院講師 加藤 規利 先生
  1. TOP
  2. aHUSの治療について
  3. 病気とうまく付き合うにはどうすればいいの?

病気とうまく付き合うにはどうすればいいの?

ひとりで悩まず、相談しましょう

非典型溶血性尿毒症症候群(aHUS)はとてもまれな病気のため、情報も少なく、心細く感じるかもしれません。
また、病気によってライフスタイルや社会との関わりをはじめとする日常生活に支障がでたり、症状のせいでいろいろ悩んだり、落ち込んだりすることがあるかもしれません。

しかし、そうした心配や不安、それに分からないことがあるときは、いつでも担当医師や看護師さんなどの医療スタッフに相談していいのです。
最初は頭の中が真っ白になってしまうかもしれませんが、つらい気持ちをひとりで抱え込まず、周囲の人たちや専門家のサポートに頼ることで、この病気とうまく付き合っていきましょう。